ウェディング 体験レポート

花嫁衣装も料理も演出も大満足!今思い出しても幸せな時間でした

ついに大好きな彼との、夢にみた結婚へ辿り着きました!

友人や同僚たちの披露宴に何度か出席している間に、理想の結婚式のイメージは膨らんでました。

純白の裾の長いウェディングドレスを着て憧れのチャペル式を挙げて、そのまま披露宴。会場もシャンデリアが華やかなところがいいし、料理は見た目も味も大切にしたいし。演出に使う音楽だって、使いたい局があるし…花嫁衣装、会場、料理、演出…どれも妥協したくない!

私の勢いに気圧され気味の彼を引っ張りながら、結婚式場を回ってパンフレットを集めたり話を聞いたりして、ようやくここなら私の理想の結婚式が出来るかも!と思って決めました。

自分自身でもしつこくて申し訳ないなぁ…って思うくらいに何度も下見をさせてもらい、話を聞きにいっても変わらず丁寧な対応をしてくれたのも、申込をする決め手でした。

ウェディングドレスも、何度も通ってたくさん試着させてもらえたし。

担当してくれた人も、打ち合わせも入念に行ってくれて、私たちの希望を出来る限り理想の状態で形にしたいと本当に親身になって一緒に考えてくれました。

愛知県常滑市で結婚式をあげました。披露宴には家族や親戚の他にもたくさんの友人や会社の上司や同僚たちも招待し、賑やかで華やかに行えました。

後日、招待した人たちからとてもいい結婚式だったと声を掛けて頂いて、私自身もそうですが、招待した人たちも満足してもらえたようで───私たちのイメージに色を添えて提案してくれた、親身な担当の方に、本当に感謝です。

そういえば、担当の方、両親への手紙と花束贈呈をした時には会場の隅っこで一緒に泣いてくれてたっけ…。

プランも満足で、さらにこんなにも親身になってくれる担当さんに出会えて、本当にいい結婚式場を選んだなぁって思いました。

理想の結婚式を挙げることが出来たのですから、これから夫婦ふたり、この時の気持ちを忘れずに素敵な家庭を築いていけるように力を合わせてともに歩んでいきます!

小さかったけど…とても思い出深い結婚式になりました

私たちは晩婚での結婚でした。

当初、妻は「この歳で結婚式なんていいわよ」などといっていましたが…やはり彼女も女性です。花嫁衣装のひとつも着たいでしょう。私としても妻となる女性の一生に一度の花嫁姿はみておきたいですから。

恥ずかしいからと渋る彼女と話し合い、夫婦になった証として、小さくてもいいから結婚式だけは挙げようということになりました。

小規模の結婚式でも親身になって対応してくれる式場だと聞いてこちらの結婚式場で相談したところ、記念撮影と結婚式の後に食事会の場も提供できるとのお話だったので、両親と兄弟での食事会もお願いすることにしました。

白無垢を選ぶ時の妻の幸せそうな笑顔に、やはり結婚式を挙げることにしてよかったと思いました。

当日、妻は「こんなおばさんだと、キレイな衣装がちょっともったいないわね」といっていましたが、この日の彼女は本当にキレイでした。

彼女は男兄弟で育った末娘だったので、彼女の両親も義兄たちも小さくても結婚式を挙げたことを非常に喜んでくれました。

写真撮影にしても、ふたりだけでなく、親族揃っての記念撮影も行ってもらえ、通常の結婚式や披露宴同様に扱って頂いての撮影会となりました。

担当の方の提案で行った食事会も、少人数にも関わらず、本格的な個室と食事を用意して頂けました。食事もとても美味しく、満足いく食事会となりました。

最初はどのようになるか気になりましたが、聞いた通り、小規模でも親身になってくれる結婚式場でした。

最高の結婚式でした!親身になってくれたスタッフさんのおかげです

結婚式はしたい。けれど、どんなふうな結婚式にしたいかは漠然としていて。

彼とふたりでパンフレットを集めたり、結婚向けの雑誌を読んだりしてみたけど、具体的な案もなく…。

いくつか候補は決めていたので、とりあえず足を運んで話だけでも聞いてみようかということになり、休みの日にいくつかの結婚式場に出掛けてみることに。

プランはどちらも魅力的でしたが、決めてはスタッフの方の対応でした。

どちらも丁寧に対応して下さったのですが、特にこちらは電話予約の時の印象もよく、実際に現地で対応してもらった時も親身になって話を聞いて下さったり、質問に応えて下さったりと、1番安心してお話が出来ました。

ふたりで話し合った結果、「こちらの会場なら、私たちでもいい企画が出来るように親身になって話を聞いてくれそう」ということになり、申込を決めました。

予想通り、申込後の打合わせは親身になってくれ、足を運ぶ度にさまざまな案を用意してくれていたり、私たちの漠然としたイメージを具体案にしてくれたりと、笑顔で本当に丁寧に対応してくれました。

担当の方以外のスタッフの方々も親切で、打合わせのために式場にいくのも全然苦になりませんでした。大変な準備期間ではありましたが、ストレスになることもなく、楽しみながら出来たように思います。

上手くまとまらなかったイメージも、担当の方のおかげで、私たちらしい結婚式を挙げることができ、本当に感謝しています。一生の思い出が素晴らしいものになり、本当に満足です。ありがとうございました。

思い描いていた結婚式&披露宴が実現出来て、本当によかった!

とにかく、私たち夫婦は賑やかにしているのが大好きで。出会いも通っていた大学のイベントの打ち上げでした。

自分でいうのもなんですが、お祭夫婦ですから、とにかく結婚式も披露宴も賑やかに、楽しくパーッとやっちゃいたい!っていうのが本音でした。

妻もおしとやかなロングドレスよりは、みんなと楽しめるワンピースタイプのショートのドレスがいい!なんていっていて。

それでせっかくなら、神前式とかチャペル式じゃななく人前式にしちゃって、ガーデンパーティ風な披露宴にしてワイワイやろうかってことに。

何カ所か探して、ようやく納得するところに辿り着きました。ヨーロピアン風よりは南国風が希望だったので、まさに理想どおり!

妻が希望していたショートタイプのウェディングドレスも種類が揃っていて、本人も満足の様子でした。

プランも自分たちが思い描いた通りに出来るよう、担当の人やスタッフの人たちが入念に打合わせしてくれたり、何度も確認をしてくれたりしたので安心でしたし、いろんなところに自分たちが直接関われました。元来、私も妻もイベントを企画するのが好きなので、企画もパーティも参加型で進めていけるのが楽しかったですね。

両親や親族はちょっと戸惑った様子ではありましたが、「お前たちらしい、堅っ苦しくないいい結婚式になったんじゃないか」
「気楽に楽しめていい感じ」とよろこんでくれてました。

夫婦の共同作業はケーキ入刀ではなくて結婚式の企画だったといってもいいくらい、企画から本番まで自分たちが中心で動けたので、本当に満足いく結婚式になりました。準備から結婚式までがすべていい思い出です。

結婚式…悩んだけど、やっぱり挙げてよかった!

すでに入籍して2年以上。やがて3年目を迎える私たち。いろいろ慌ただしい中で入籍し、流れに流れてしまって、披露宴どころか結婚式さえ挙げていない、記念写真さえないという始末でした。

もう今更いいかな縲怩チて思いかけていたのですが、最近になって夫が不意にいったのです。

「遅くなったけど、結婚式だけでも挙げようか」

実はこの頃、夫は会社の人や友人の披露宴に出席することが多く、そんな中でいろいろと考えるようになっていたようなのです。

「花嫁衣装って、やっぱり着てみたいだろう?」

私だって女です。憧れないといったら嘘になります。

夫はひとりでこっそり結婚式場のパンフレットを集めてきたらしく、私の目の前に広げて、やる気十分。

結納さえなかったのだからと、義母からの援助もあって実現することになりました。

チャペル式もいいなって思ったけど、ここはやっぱり日本人らしく白無垢での神前式にしました。

結婚式のあとに披露宴は行わないことにしました。代わりに「親しい人だけを招待して小さなお披露目パーティを開きたいね」ということになったので、写真撮影もたくさん出来る式場を選んで、いろんな衣装を着て写真撮影を楽しめる式場を選ぶことにしました。

「ね、キレイ?」って夫に尋ねたら、ちょっとぎこちなく「うん、キレイ」って頷いてくれて。久し振りに結婚する前の気分になれた気がしました。夫にキレイっていってもらえたのって、いつ以来だったかなぁ。

正直、時間が経ってからの結婚式には悩んだけれど───両家の両親にも喜んでもらえたし、親しい人たちへ改めて感謝を伝えることも出来たので、今ではよかったと思います。

父と歩いたバージンロード…一生忘れません

私には夢がありました。

《綺麗なウェディングドレスをきてバージンロードを歩くこと》

子供の頃、親戚の兄の結婚式に招待された時のことです。

親戚の兄のお嫁さんになる人は子供好きのとても優しい人でした。そのお姉さんが大好きで、私は親戚の兄がそのお姉さんを連れて顔を見せる度に遊んでもらっていました。

結婚式はチャペル式でした。

そのお姉さんが、父親の腕に寄り添ってバージンロードを歩く姿がとても綺麗で食い入るようにみつめました。私に気付いて小さく微笑んでくれたその姿の美しさが忘れられなくて、私はずっとチャペル式に憧れていました。

しかし、私の父は人前で何かをする事が苦手で…バージンロードを私と並んで身内の中を歩くなんてとんでもないと、なかなか受け入れてもらえなくて。しかし、母の説得もあり、「お前の大切な日だもんな…」と戸惑い気味に承諾してくれました。

苦手なことを引き受けてくれた父の気持ちを大切にしたくて、私は彼と相談して、自然が大好きな父が喜んでくれそうな式場を探すことにしました。

高台にあるこちらの式場は海も空も見渡せる絶景!子供の頃に父が連れて行ってくれた場所からみえた景色にもちょっと似ていて。ここなら父も絶対に喜んでくれるに違いないと思って決めました。

大きな窓ガラスが取り付けられたチャペルからも絶景が見えるし、衣装や披露宴会場も文句なしで。式当日は父の腕に寄り添って憧れのバージンロードを、どこか懐かしい風景をみつめながら歩くことができて本当に幸せでした。きっと、父もあの日のことを思い出してくれていたと思います。

素敵なチャペルで、思い出とともに結婚式に臨めて本当に幸せでした。苦手なことを私のために引き受けてくれた父と歩いたバージンロード…一生忘れません。ありがとう、お父さん。

たくさんの人に祝福されて本当に幸せな結婚式でした!

私の両親は私が社会人になって間もなく、不慮の事故で他界しました。兄弟姉妹もない、一人っ子の私。親戚の人たちは親切だけれど、やっぱり家族がいないのはさみしく感じるものです。

そんな私も素敵な男性と巡り会い、結婚ました。私に新しい家族が出来たのです。

婚約した当初、両親がいない私は親戚に親同然に接してくれている親戚のおば夫婦に代理人を頼んで、身内だけの小さな結婚式だけでも挙げられればと思っていました。それだけで十分幸せだと感じてましたから。

しかし、おば夫婦に親戚だけでなく、それまで支えてきてくれた人たちや大切な人たちを招待してお披露目するのも恩返しだと諭されました。夫や夫の両親も同意見でした。

披露宴を開くことが恩返しになるならと、結婚式と披露宴を執り行うことに決めました。いくつかの式場をあたり、ここに決めました。

派手でなくていいから、温かみのある穏やかなものにしたいというその願いを、1番いい形で叶えられそうだったからです。自然に囲まれた穏やかな会場で、ささやかだけれども、大切な人たちをお招きして和やかな披露宴をすることが出来ました。

私はこんなにもたくさんの人たちに支えられ、見守れてきたのだと思うとつい涙腺が緩んでしまいがちで…いくら感謝しても足りないくらい。本当に私は──いえ、私たちは幸せ者です。天国の父と母も、本当に喜んでくれていると思います。

親身になって下さった担当さんや、温かい笑顔で私たち夫婦の晴の日をサポートしてくれたスタッフのみなさんにも、本当に感謝しています。

これからもこの日の気持ちを忘れずに、夫婦手を取り合いながら温かい家庭を築いていきたいと思います。

彼女の綺麗な花嫁姿に感動!式を挙げてよかったです

両家の両親の意向もあったので、神前式は決めていました。

しかし、正直、僕は結婚式は挙げても披露宴は控えたいと思っていました。

大勢の前で何かをしたり、自分が中心になってイベントを企画したりというのはどうも苦手で…。

しかし、妻である彼女はやはり女性です。

「花嫁衣装が着たいの!ケーキカットもしたい!」

そりゃそうですよね。一生に一度ですから、ここで僕が尻込みするわけにもいかないよなぁって思った時、ふと思い出したんです。

僕たちは職場恋愛の末の結婚なのですが、婚約してすぐ、僕と彼女を出会わせてくれた職場の先輩の披露宴に招待されて出席した時、彼女が先輩の花嫁姿をみて瞳を輝かせてみつめていたことを。

今後の人生を僕とともに歩んでくれる決意をした彼女に、その門出の素敵な思い出を残してあげたいと思い、披露宴を決意しました。

最初は彼女を驚かせたくて、ひとりでこっそり結婚式場でパンフレットをもらいにいきました。

パンフレットを出した時、彼女は声を上げて喜び、先輩の披露宴でみたあの顔をしました。

しかも、僕がもらってきたパンフレットは、偶然にも彼女が気になっていた式場のものだったらしく、次の休みにはすぐにふたりで会場に説明を受けに行きました。

対応してくれたスタッフの方から薦められ、結婚式を検討しているカップルを対象にした招待会にも参加もしてみました。

スタッフのかたの対応も丁寧だし、彼女が満足するプランもいろいろあったので、こちらでお世話になって結婚式と披露宴を同日に行うことにしました。

休みの度に打合わせに足を運ぶのは大変でしたが、担当の方がすごく親身に対応してくれていたので、苦にはならなかったです。それに、彼女の試着に付き合うのが思いのほか楽しく…スタッフの方々も何度も足を運んで、長時間ドレスを試着する彼女に対しても、常に笑顔で対応して下さっていて。

試着の段階でも綺麗だな縲怩チて思っていたのに、当日の彼女は今までみたことないくらい綺麗で、この時、本気で「大変だったけど、頑張って式も披露宴もやってよかった!」って思いました。

そんな彼女に「ありがとね」って微笑まれた時には、感動して波だが出そうでした。いや、本気で。

今でも時々、ソファに腰掛けて結婚式の日の写真を取り出して満足そうに微笑んでいる妻をみると、彼女の願いを叶えてあげられてよかったなって思います。

苦手なことだらけでしたが、こんな僕を支えてくれた担当さんやスタッフの皆さんのおかげで、素晴らしい1日を妻にプレゼントすることができて、本当に感謝です。

憧れの絶景チャペルの結婚式!素敵な思い出になりました

子供の頃にテレビで観た、大自然の絶景をバックにした教会での結婚式。ずっとずっと憧れでした!

夫となる彼はあまり派手なことが好きではなく、当初は乗り気ではありませんでした。

「ハワイの教会で挙げようっとかいってるんじゃないの。小さくていいから、綺麗な景色のチャペル式がしたいの。一生に一度なのよ、いいでしょ!?」

何度もお願いして、ようやく納得してもらってからの会場探しでした。

しかし、いざ話が進んで行くと、もともと仕事で企画を行うこともある彼はだんだんと乗り気になってきて…片っ端から情報集めを始めたのです。はっきりいって、私より意気込んじゃって。

「海辺がいいかな?それとも、森みたいな感じ?広いガーデン風もいいよね」

私が彼に、「私より張り切ってるんじゃないの?」って聞いたら、「一生に一度なんだから!」ですって。

どこかで聞いたような台詞をいいながら、新しいパンフレットを週末に持ってくる彼に、若干気圧されましたけど、パンフレットや雑誌の写真をみたりしてふたりで選んでいる時間も楽しくって。

いろいろ悩んだ結果、小高い丘の上からの空と景色が綺麗な結婚式用チャペルを設けているこちらの結婚式場にしました。

深紅のバージンロードの向こう側には、ガラス越しに綺麗な景色が広がっていて。まさに憧れたあの風景そのもの!下見で見学させてもらった時なんか、溜息が止まりませんでしたよ、私。

当日は家族や、参列してくれた親族、友人たちからも好評でした。式の後に、パーティ会場で食事会も行わせて頂いたんですけど、そちらの会場から見える景色も素敵でした。もちろん、食事も美味しくって、みんな満足そうでした。

今でも、結婚式の写真を観たりする時、彼は「あの会場にしてよかったね」って満足そうです。

最初は私がおねだりしたことに始まりましたが、結果的に彼も満足してくれたので、本当にいい結婚式ができたと思います。あの時の気持ちで、これからもふたりで歩んでいけたら幸せだなぁ。

新しい門出…白無垢で神前式&ウェディングドレスの披露宴!

3年お付き合いした彼と、先日ついに結婚しました!結婚式も披露宴も終え、私もついに人妻です。(笑)

夫が「どちらでも好きなほうを選んでいいよ」といってくれていたのですが。

一生に一度の花嫁衣装は、当初、神前式にして白無垢にするか、チャペル式にして純白のウェディングドレスにするか…とても悩みました。

やっぱり華やかな純白のウェディングドレスは憧れるけど、私は別にクリスチャンでもないので教会で結婚式もなんだかなぁって感じでしたし、両親は生粋の日本人なので「お前たちの結婚式なんだから、好きに選んだらいい」といってくれてはいたものの、あまりチャペル式といった雰囲気でもありませんでした。まあ、こういってはなんですけど…娘の私から見ても、両親はチャペルが似合うような雰囲気でもありませんですし。

もちろん、白無垢だって素敵だと思うし、花嫁衣装や衣装飾りにもひとつひとつ意味があるんだって聞いていたから、日本人らしく神前式で白無垢がいいとは思っていたんです。でも、どうしてもウェディングドレスも着てみたくって。

神前式をして、写真だけドレスも撮っちゃおうかな縲怩ネんて思っていたら、パンフレットや雑誌で、結婚式場で神前式をして、そのまま披露宴までできるって載っていたのを思い出したんです!

それで夫や両家の両親に話したところ、せっかくなら披露宴までやろうってことになって。

ネットとか雑誌とかでいろいろ調べて、結婚式場を決めたんですが、調べた以上にプランも衣装も豊富だし、記念写真も素敵に撮って頂けたので、もう大満足!

しかも、花嫁衣装だけじゃなく花婿衣装や親族への貸し出しの衣装もしてくれていて。こちらも豊富で、私だけじゃなくって家族も満足でした。妹なんて、滅多に着る機会のない振袖にテンションが上がって。お気に入りの柄が多過ぎて、迷いながらも嬉しそうで。どっちが主役かわからなくなるくらい。

神前式は厳かで、まさに神社そのもの。白無垢を着て、神主さんに祝詞をあげてもらって、三三九度をした時に、「ああ、夫婦になったんだ」ってつい涙ぐんじゃいました。玉串を捧げて夫婦の誓いを立てて神様にご加護を願った時、「やっぱり日本人なんだ」って感じました。チャペル式だとこんな気分にはならなかったかも。

披露宴は親族以外にも、親しい友人や職場の人たちをお呼びしたのですが、私の衣装に「私もここで挙げよっかな縲怐vっていう声が殺到。後日、白無垢の写真を見せたら、婚約したばかりの後輩が「決めた。私もここにします!」ですって。

もう、そのくらい素敵な衣装を着ることができたし、夫にもお色直しの度に「綺麗だよ」っていってもらえて。1日に何度もいってくれたことなんてなかったから、照れくさかったけど嬉しかったな縲怐B

厳かな雰囲気も華やかな雰囲気も感じれた結婚になり、本当に素敵な一生の思い出になりました。

サイトマップ